皇帝ナポレオンも運命を託した神秘のジプシーカード

占術について

  • HOME »
  • 占術について

占術の種類と解説

洋の東西を問わず、私たちの身近には数多くの占いが存在しています。それぞれの占いが長い歴史を持ち、多くの占い師、鑑定師、占者などが今もなお、行動の指標や吉凶善悪の判断に占いを用いています。そういった専門的な知識の扉を経てなくても、血液型占いや誕生数占いなどは、ごく身近に存在して馴染みのあるものと言えます。 占いは基本的に、統計学に基づいて集められた過去のデータや占い師個人の経験を元にして、運勢・運命・未来を占います。個人の生年月日や氏名、性別、出生地などが関係するのです。占い師は自らの主観を交えず、統計値が示す占い結果を相談者に答えることとなります。 占いは大別すると、命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)・霊(れい)の4つになります。こちらでは、それら占いや占術について解説しましょう。

命(めい)の種類

人が持つ運命や宿命を占う際に用いられる占術です。誕生日や出生地を加えることで、その人の性質や性格、嗜好や人生の運気の上下する時期などがわかります。

西洋占星学  九星気学

 

卜(ぼく)の種類

人が関わり合う事件や事故などを占う際に使われる占術です。時間、方位などが占いを行なうのに必要とされます。

ジプシーカード

 

相(そう)の種類

対面占いで用いられる占術です。主にイメージや姿形を見て、その人への影響や吉凶を判断する占いです。

風水  姓名判断

 

霊(れい)の種類

統計学に基づいた占い結果に加え、占い師の直感、霊感といった特別な能力を加えて吉凶や未来を占う占術です。占い師には占いデータの知識以外に、修行等で得られる能力が必要となります。

霊感

 

 

 

ご予約・お問合せ TEL 090-1748-8484 受付時間 11:00 - 22:00

PAGETOP
Copyright © ベターフォーチュン Seiran Hitomi All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.