2015年6月1日(月曜日) ~ 2015年6月7日(日曜日)

今週はまず、射手座の満月がポイントです。
3日に射手座で満月となります、その対岸の双子座では、水星・火星・太陽がダンゴになっていて、大変派手な満月と言えます。
火の星座のパワーが双子座にギュッと集まっている、という印象があります。
双子座は風の星座で、理知や取引、コミュニケーション、交通を扱う星座です。
さわやかさやクールさを感じさせますが、古来「旅」には危険が付きものでした。
双子座の星であるカストルとポルックスは、航海中の時化にまつわる「セント・エルモの火」と結び付けられているなど、双子座は「嵐」のイメージをまとっています。
穏やかに落ち着かせるよりは、どこか「乱を好む」ような感じがあるわけです。
個人の生活においても、穏やかにおさめようとする力よりも、少々荒っぽくひっくり返してみようとするような力のほうが、ビビッドに感じられるかもしれません。
「よい子」「おりこうさん」でいることをあえて拒否して、ちょっとあらぶってみたくなる人もいるかもしれません。

金星は6日に獅子座へと移動します。
ここから10月頭まで(7月に一歩だけ乙女座に入りますがまた戻ります)、金星は獅子座に長期滞在します。
獅子座という星座に、ベネフィック(吉星)が2つ、そろい踏みとなるわけです。
獅子座は表現の星座であり、華やかな星座であり、また、「保たせる」星座でもあります。

うれしいこと、よいこと、ゆたかさ、愛などを、しっかり長続きさせるための方策をここで、ととのえることもできるのではないかと思います。

ちょっと荒ぶる満月をこえたところで、長期的な「軌道」を見据える場所に移動していく、というようなイメージもわきます。
とはいえ、少々フライングですが、16日の新月は火星とぴったり重なって、ここも、けっこうな破壊力が感じられる形なので、今回の満月と、水星逆行明け直後の新月とが「セット」になって、一度、ものごとを「ぶっちゃけ」た状態にして、そこから、新しい安定を立ち上げていく、みたいな展開となるのかもしれません。

今週はそんな感じです。