├十干十二支の象意

「丙子(ひのえ ね)の日」 13番  雪解けの春の小川、二兎を追う一歩の日

「丙子(ひのえ ね)の日」 13番 雪解けの春の小川、二兎を追う一歩の日

丙は「火の陽」で太陽、子は「水の陽」です。
冷たい水を太陽が温め、本格的な春の到来です。

海を照らす太陽で、子水と丙火のバランスがとれた形です。

これを水火既済といいます。

水と火のバランスがとれると植物が良く育ちます。

教育者に向いている干支です。

どちらも精神の干支ですので、頭の良い干支です。

 

冷静な判断力が冴え、また、心にゆとりがもてる日です。

 

丙は、光の日です。神社の参拝にも適した日です。
普段は難しいことや、新しいことにチャレンジするのもよいでしょう。

 

夢に向けて進むとき、何かに集中することはとても大事です。

何をするにしても、必ず成功するということはありません。

 

でも、選択肢が一つしかないと、失敗したときに立ち直りに時間がかかりますし、
執着を生んでしまう可能性があり、

 

ほんとは、一歩引いた方がいい時に、引けなくて、
結局、自分も周りも、悲しい思いをしてしまうことがあります。

 

多少、心に余裕がないと、せっかく一心に頑張っていても、
ふとした時に大きく転んでしまうことがあります。

 

一人の事を好きになり、愛を表現することはいいことです。

でも、その人しかいないとなってしまうと、

お互いに依存を生んだり、

変な反発が生まれてしまったりします。

 

浮気をしろというのではないのですが、
異性の友人と交流することを無理に避けたりするのではなく、

 

ある程度違う価値観を持った人と交流して、

パートナーにプレッシャーをかけてもいいと思います(@_@;)

 

心に余裕があれば、その分、思い切って一歩を踏み出せます。

常に負けることはありません。

2つ、できれば3つぐらい選択肢があれば、どれかでは勝てるでしょう。

 

1つ負けても、次に、勝てば十分に取り返しが効きます。

 

仕事でも同じで、今熱中していること以外に、
もう一つぐらい、なるべく違う分野であって、自分が取り組めそうなものを、
手がけると良いでしょう。

 

世界は、一つなので、違うように見えることは繋がっていて、

 

自分は大工なんだけど、医学を勉強してみると、
リフォームのセンスが上がったり、するでしょう

Follow me!

-├十干十二支の象意

PAGE TOP

© 2021 Seiran Hitomi official site Powered by AFFINGER5