├十干十二支の象意

「乙未(きのと ひつじ)の日」32番 草原の羊、心の休息

「乙未(きのと ひつじ)の日」 32番  草原の羊、心の休息

 

乙は「木の陰」、未は「土の陰」。
木は土の養分を吸い取り「木剋土」の相剋。

 

乙の「柔軟さ」に未の「柔順性」が加わる。
やや消極的だが穏やかな日になります。

 

夢を実現するためには、あれもやって、これもやって、
とやることばかりが増えて、ちょっと疲れてしまうことがあります。

 

なんとなく、むなしくなったり、今まで好きだったものが、
そうでもなくなったり、そんなときもあると思います。

 

そんな気分なら、今日は、ボーっと一休み。

 

眠ければ寝て、食べたければ食べて、最近頑張って来た自分を、
認めてほめてあげて下さい。

 

がんばっていても、結果が出るのには、ちょっと時間がかかります。

うまくいかない日もあります。

 

ずっと、のんびりしていても、過ぎ行く時間からは逃げられず、
取り残されるのでは?と、やっぱ、不安になってしまいます。

 

ちょっと背伸びして頑張るけど、たまには、目的を持って堕落しましょう。

 

その緩みやある意味では無駄の中に、新しい発想の種があると思います

 

-├十干十二支の象意

© 2022 Seiran Hitomi official site Powered by AFFINGER5