├十干十二支の象意

「壬辰(みずのえ たつ)の日」 29番  地を駆ける龍、大発展のチャンス

「壬辰(みずのえ たつ)の日」 29番  地を駆ける龍、大発展のチャンス

壬は「水の陽」、辰は「土の陽」。「土剋水」の相剋。
天を駆ける龍は、発展・成長の象徴でもあります。

大いなる水の流れの壬と龍がうまく重なれば、
ことが大きく発展することも可能です。

 

チャンスがあれば、今までに蓄えた力を思い切って
使ってみたらよいでしょう。

 

うまく水をコントロールするには、
辰=土の力、知性が必要です。

 

チャンスだと思って、猪突猛進するのは危険です。

 

チャンスの時こそ、冷静と情熱のバランスを取ることに
心がけると良いでしょう。

 

そして、壬辰は、来年、2012年の干支でもあります。

来年に向けて、今日、知性ある行動が大事です

Follow me!

-├十干十二支の象意

PAGE TOP

© 2022 Seiran Hitomi official site Powered by AFFINGER5