├十干十二支の象意

「己亥(つちのと い)の日」36番  雨と田園、誰かのための雨になる

「己亥(つちのと い)の日」36番 雨と田園、誰かのための雨になる

己は「土の陰」、亥は「水の陰」。「土剋水」の相剋。

亥の「猪突猛進」と己の「優しさ」が補い合い、バランスが取れる廻りです。

 

夢の種が大地から育っていくには、
水=やさしさ・愛が必要です。

 

人との付き合いとは、喜びも大きい半面、
どうしても、喧嘩したり、反発してしまうことがあります。

 

あなたは、生きているだけで、
太陽の、風の、雨の、木々たちの、愛を受けています。

 

人からもらう愛も大事ですが、

まず自分が夢を大事だと思い、この宇宙中から受けている愛を
自分の夢に注いで見て下さい。

 

私は、この宇宙の一部であって、とても尊いものだ。
私の夢が動き出せば、この宇宙も喜ぶ。

 

自分の中で、愛を作りだせれば、その愛と夢を育て、
誰かに与えることができるでしょう。

 

そうすれば、3ヶ月とか2年とかすれば、もっと大きな愛が帰ってくるでしょう

Follow me!

-├十干十二支の象意

PAGE TOP

© 2021 Seiran Hitomi official site Powered by AFFINGER5