├十干十二支の象意

「戊寅(つちのえ とら)」 15番  大地から伸びあがる若木、自分の意思で歩く

「戊寅(つちのえ とら)」 15番 大地から伸びあがる若木、自分の意思で歩く

戊は「土の陽」、寅は「木の陽」。
木は土から養分を吸い取り、「木剋土」の相剋です。

戊の「保守的」な態度より、寅の「積極的」な態度が幸運を呼びます。

平地から山が始まり、山の斜面が終わって平地になるところの境目が戊寅です。

戊寅は天貴星で、戊が目覚めるところから、その意味がつけられています。

山と平地の境目が戊寅で、高い境地と平均的世界の両方とかかわる干支です。

寅木は樹木が生い茂る山です。

才能豊かな干支です。

寅は、人の象徴でもあり、意思を持っています。
夢に向けた、志ある一歩を踏み出す日としたいです。

 

人は、自分の足で、いろんなところに行けて、
好きな人と、好きなことをすることができます。

 

自分の意思で、未来を選ぶことができます。

 

人をコントロールすることはできないので、
問題が起こったり、当初思っていた結果が出ないことがあります。

 

でも、常に負けることはありません。

進んだら、進んだだけ、次の、夢が見つかります。

 

あなたの夢は、みんなの夢でもあります。

 

一人一人が成長して、優しくなり、愛のある行動が出来れば、
世界は、もっともっと良くなります。

 

間違ってもいいので、世のため人のためになるような、
あなたのやりたいことを決めて下さい。

 

そこに踏み出せば、必ず、賛同者、共感者が現れ、
あなたの夢を一緒に進めてくれるでしょう。

 

世のため人のためにです。

 

人がうれしいなと思うことをすれば、きっと、ありがとうが帰ってくるので、

あなたは、嬉しくなると思います。

 

それが、あなたの夢です

Follow me!

-├十干十二支の象意

PAGE TOP

© 2021 Seiran Hitomi official site Powered by AFFINGER5