青蘭ひとみ

主に、門外不出のジプシー民族からの口伝のジプシー占術をメインに
西洋・東洋を問わず、あらゆる占術を探求する占術研究家・実践家。
プロ歴15年。
霊感のあった母の影響を受け継ぎ、幼少期から霊的体験を何度か体験しながらも、「スピリチュアル」という言葉もなかった時代。
自分の見える世界が、本物なのか、どうなのか、懐疑的な目で客観的に考えていた。
20代に海外留学を迷っている時期に西洋占星学と出会い、古代から引き継がれてきたその歴史的背景やその的中率に興味を持ち始め独学で海外の書籍を読み漁って研鑽を重ねる。

帰国後は教育関連の会社経営者として活躍、その際にスタッフの中にジプシー民族の末裔であるカナダ講師から、様々な秘術を教えられる。また、時を同じくして当時、ジプシーカードの第一人者として活躍していたルビー先生と出会い、もともと霊感体質であったこともあり、自然にこの世界に身を投じることとなった。

2005年より、プロとして活動開始。
様々なビジネスシーンで生じる人間関係や恋愛における相手の気持ちを読み解く鑑定が多くをしめてきたが、湘南ビーチFM、FM横浜出演等を経て、現在は数多くのイベントのプロデュースやトップランクで活躍する一流占い師も数多く育てており、会社経営者、芸能関係者やアーティスト系の顧客も多く、幅広い層からの支持を得ている。

 

近年では、家族の介護、両親の他界、単身で唯一の残された身内である実兄の難病の介護を独りで担うこととなり、精神的、肉体的にも苦境に立たされていた時、加持祈祷の世界で名だたる天台宗門下の寺院の住職とのご縁をいただいたことで、それまでの自分自身と向き合い、神仏のありがたみ、霊験あらたかさを幾度となく感じさせられた。

昨今、流行りのスピリチュアリズムやただ行くだけでパワーをもらえるといったパワースポットブームに疑念を抱いていたこともあり、自然と信仰の道へと導かれた。
密教の諸所を語るには、まだまだ若輩者ではあるが、少しずつ法を授かりながら、一歩一歩、行者としての道を歩んでいる。

同時に密教についての占術と曼陀羅の世界、また既存の気学とは一線を画した日盤鑑定四盤掛け秘法も用いて多方面からの鑑定を行っている。

興味本意ではなく、真剣にご相談して頂けることを望んでいます。

 

 

PAGE TOP

© 2021 Seiran Hitomi official site Powered by AFFINGER5